きんどうメシ

京都から東京にうつったけど、メシを食べるよ

四条烏丸 Okaffe kyotoとハム・ソーセージ・テリーヌ

京都カフェ巡りをしつつグルメを堪能するガイド本の原稿記事。店に対するコメントは最低限で、味には触れないという縛りが難しい。

→ 「京都でカフェに行くなら一緒にココ食べに行くといいよ」ってKindle本を書こうと思う - きんどうメシ

----

2日目は四条烏丸から路地にはいったバリスタチャンピオンのいるお店 Okaffe kyoto(オカフェキョウト)にいきましょう。ここの名物はカフェ・ラテ、特にラテアートと店長である岡田さんだ。むしろ、岡田さんに会いに行く店と言える。

「店長を写真にとってインスタグラムにアップすると幸せになれる」と、冗談のような文句で写真を撮ることをアピールされたりするのですが、これがまた絵になる人なんですよね。自分は男前だからと言い切る自信に溢れた姿がとにかく濃い。公式のインスタアカウントも珈琲の写真より自撮りばかりですしね。

もちろん、ただカッコイイ人というわけでもなくちゃんと腕も一流。ただ、味よりもネーミングセンスがとても好き。2種類のハンドドリップはダンディブレンドとパーティブレンド。懐かしい喫茶店を思い出させる硬めのプリンはプリンアラモードに対抗して『プリンハードボイルド』。なんかこうくすぐってきますよね。

食べたことはないのですがモーニングもありますし、ランチもコーヒーセットでオトク。また、珈琲を使ったアルコールメニューもあるので夕方のちょい飲みなんかでの利用もできる便利なお店です。はじめて行かれる時は是非カウンターで岡田さんと話してみてください。

さて、オカフェさんに寄ったあとはこの近辺食べる店がたくさんあるのですが、夜であればすぐ道向いにある『ピクニック』というダイニングバーをオススメします。ここはハムやソーセージ、あとはテリーヌなどお肉の加工料理=シャルキュトリにこだわったお店。

ソーセージは3種、時にもっとあるのですがマルゲーズという羊のソーセージが香ばしくて好きだったなぁ。お腹いっぱいになりますがソーセージ3種盛りにするとレンズ豆がつけれるんですがね。ぜひ欲張って付けてみてほしいな。

あとピクニックさんは飲食店限定でしか飲めない国産プレミアムビール『GARGERY(ガージェリー)』の取扱店。個人では買えないビールなんで味わって見てほしい。これがまた肉と合うんですわ。

その他、こちら近辺でオススメしたいのはカレー大好き!って雰囲気の店長がいるカラクサカレーや、鶏の刺し身が美味しい人気店くちばしモダン、野菜ソムリエ認定レストランの欧食屋 Kappa、水餃子がとにかく美味しい楽仙樓などなど選択肢が豊富です。

オカフェでモーニングを食べて近辺でそのままランチ。もしくは夕方に岡田さんとトークをして近辺での飲みがいいかな。交通の便もいいところなんでその起点にオカフェはとてもいいですよ。岡田さん面白いですし。