京都ブログ飯

毎日、美味い飯だけを食べていきたい

出張編:天草直送の舟盛り『はげの湯温泉 山翠』(熊本県阿蘇郡)

f:id:kindou:20160903131407j:plain

出張編。ようやく旅の目的地、熊本県阿蘇郡の『はげの湯温泉』。今回のお宿は露天風呂や内湯など10種類の温泉を備える旅館『山翠』さん。

”熊本現地に現金を落とさねば”という適当な使命感で調べ始めて『はげの湯温泉 わいた温泉郷』というネーミングに惹かれてよく調べもせずに行ったのですが、見渡す限り山という素晴らしい隠れ里感ある場所でした。

(下の写真は温泉郷まであと車で10分くらいの展望台から撮りました)

f:id:kindou:20160903132103j:plain

温泉について詳しく語れるほど知識はないですが、山翠さんの温泉は離れにある巨石を利用したかまくら風の『洞窟風呂』と一番見晴らしのよい場所にある混浴の露天風呂(期待はしないほうが……)、あと旅館内にある内湯は良かったなぁ。ちゃんと湯の花もできてたので、きっと良い温泉。

さて『山翠』さんの自慢は女将の実家から直送されるという新鮮な天草の魚介類が食べられるということ。冒頭の写真の舟盛り(2人前)がとってもインパクトあります。……ただ、魚は新鮮=美味いということではないんだなぁというのが中々……。

一番美味しかったのは青い器に載った熊本郷土料理の豆腐の味噌漬け『山うにどうふ』。チーズのようなしっとりとネチョっとした食感と味がとてもいい。

あとは写真取らなかったけど、阿蘇の短角赤牛を使ったステーキも良かったなぁ。やはり地元の食材を使った飯が一番いいね。

特に地震の影響らしいものは見られず。一部道が使えないくらい

熊本地震の影響に関しては国道212号線がヤラれたということで、酷道とまではいかない峠道を走らされたくらいかな。

……まあ、熊本市街じゃなく山奥の方しか見てないから地震どうこうはよくわかってないかもしれませんけど。

それよりも、阿蘇郡のほぼ全域でLTEが通じたことに驚いた。和歌山だと結構通じないのに九州はスゴイ。

瀬戸内海の移動含めてサイト更新に支障がまったくないことがわかったので、また折を見て九州温泉旅をしたいもんです。

今回泊まったお宿

はげの湯温泉 旅館 山翠 | 熊本 阿蘇 わいた温泉郷

場所:熊本県阿蘇郡小国町西里3044 はげの湯