京都ブログ飯

毎日、美味い飯だけを食べていきたい

これがわたしのブログ飯!2015年京都で美味かったランチ7選

f:id:kindou:20151225155248j:plain

こんにちは、電子書籍まとめサイトだけで生計をたててる、きんどうチラシの裏です。年末のまとめとして、今年食べた美味い飯の話でもしようかと。

更新の合間に人生を送りはじめて3年。2015年初頭から京都で暮らし始めまして、その中で超ウメェと思ったオススメランチをご紹介。京都で美味いものを食うとなると、果てしないので今回は一人で気兼ねなく入れてお手頃なお店にしています。

美味い飯は全国どこにでもあるのですが、とにかく狭い範囲に集中してるのが京都の魅力です。

これがわたしのブログ飯!2015年京都で美味かったランチまとめ

タンドリーチキンの概念が変わる!ココでしか食べられない『セクションドール』

f:id:kindou:20151225160616j:plain

いま熱い注目をあつめるというタンドリーチキン専門店。メニューはタンドリーチキンしかなく、要事前予約でその時間にベストな焼き加減に仕上げておいてくれるというストイックな店。

インド料理屋の微妙なメインとしか思ってなかったタンドリーチキンですが、この店は想像の斜め上を行くパリパリで旨味の詰まった肉を食べさせてくれます。

ただ、炭水化物は一切れのパンしか無いので「もうちょっと食べたい」という方は50メートルほどにある日本語が通じない本格中華料理店『チャイナキッチン餃子王』か、徒歩10分ほどのカフェ『カシヤ (kashiya)』のベーグルサンドがオススメ。

美味い麻婆豆腐が食べたくて、食べたくて辿り着いた名店『駱駝』

f:id:kindou:20151226003405j:plain

Amazonビデオで『孤独のグルメ』を見返していて、唐突に高まった麻婆豆腐熱!フォロワーさんにオススメされたところや、ネットで調べては食べあるいてようやく辿り着いた辛さと旨味の両輪が噛み合ったお店

あまりにも食べたすぎて、麻婆豆腐を手前にすることも忘れてすぐ写真を撮って食べ始めるというミスをしたのも良い思い出。

関東にいた頃は美味い中華を食べたくて池袋に通ってました。マイベストは黒龍門の四川麻婆豆腐。でも、京都はどうも京風中華か大衆系ばかりでしっくり来なかったのですが、ここにきて初めて「よっしゃキタァァ」となりました。

黒龍門は山椒系で、ここは唐辛子系なんで方向は違うんですが、なんだろう「中本食べたい」という欲求が解消されたのが大きいのかも。かなり辺鄙なところにありますが、是非訪れて欲しいお店。

卵のなかに半熟卵だと……!わたしのオムライスランキングを塗り替えた『ルフ』

f:id:kindou:20151225155248j:plain

この写真はランチでなく、ディナーで食べたやつなんですが……伝わるでしょうか、この美味さ。子供の頃からオムライス好きで、発作的に食べたくなって色んなところで頼んできましたが久々の大金星。

ここの付け合せがなぜか紅しょうがなんですけどね。「おいおい、オムライスに紅しょうがなんてナンセンス」と思いましたが……甘じょっぱさがオムライスのトマトソースを鮮明にさせてくれます。美味い、甘じょっぱい、美味いのエンドレス。口いっぱいにオムライス頬張る幸せが何度でも食欲を呼び起こす絶品

コスパ最強!1,000円でおばんざいおかわり自由のランチ『彩』

f:id:kindou:20151225155727j:plain

祗園のちょっと外れ、宮川町との境にある昼は定食、夜はワインバーとまったく違う業態になるお店。昼はオーナーが新しい店を始めるまでの趣味で、夜は人に貸してるのでこんなことになってます。

週替りの肉・魚のメインどちらかと、毎日微妙に内容が変わるおばんざいのセット定食が1,000円。最大のポイントはご飯、お味噌汁、おばんざいがおかわり自由!

あんまり食べ過ぎるのも申し訳ないので、お代わりはどれか3つまでというマイルールで通っています。ちなみに、2016年2月頃?に新しいお店として西洞院にご飯カフェをオープンするということで、それからは週末限定ランチに変わるみたい。

税別1,500円で食べられる食事のひとつの極致『グリルデミ』

f:id:kindou:20151225163712j:plain

テレビ番組『ごきげん!ブランニュ』で人生最後に食べたい、と紹介されたタンシチューハンバーグセット。1,500円(税別)で食べられる食事としてはひとつのゴールかもしれないなぁという高いバランス。

正直、あまり書きたくないのだけどハンバーグ自体はそこまで……ですが、ソースが美味いのでバラバラに分解してタンシチューの具に再錬成することで光を放ちました。人に見せられないヒドイ食べ方になってしまうのですが、美味いんだもの……。人目がまったくなければご飯まで投入しかねない勢いでした。

どこにでもある、でも丁寧に作られた洋食が嬉しい『グリル 五条坂

f:id:kindou:20151225164616j:plain

ここが美味いわけないだろうwwwという、普通の一軒家。場所も辺鄙すぎるところにありますが、ハンバーグ・コロッケ。普通の料理を丁寧に作ってるなぁというのがよくわかるクオリティ

あまりに美味かったので、そのまま季節限定のカキフライも追加注文。いやぁ、新鮮なカキを使ってくれてるためか安物にありがちな苦味の無いクリーミーさが素敵だった。もともとオーナーが広島出身ということでカキに特別な思い入れがあるんですって。この辺で食べられるのはダメだねと力強い言葉をいただきました。

甘みと辛さが両立することはここで知りました『膳部香蔵』

f:id:kindou:20151225161332j:plain

学生時代から美味いモノを食べよう!というと通ったレストラン。昔のイメージはカレー屋だったのですが、今は定食が充実していて学生向けになっていってるなぁという印象。まあ、もう結構前の記憶ですから昔からそうだったかもしれない。

ここに来ると、いつもレッドカレーグリーンカレーで悩んでグリーンカレーを選ぶのが定番。甘さの中に辛さが!というのがよくわかる、辛いものが好きになった原点かもしれません。

おわりに。

出版をテーマにしたメディアをやってるので関東在住と思われてるのですが、とくに出版社の方と何かするということもなく、アクションとっても振られるだけだったので関東にいる意味ねぇなぁと2015年京都に移住しました。

別に京都選んだのも優雅な理由でもなく。サイト立ち上げからほぼ毎日家から徒歩3分ほどにあるマクドナルドに行ってMacBook Proのバッテリー切れまで作業して、切れたらスーパーで半額弁当と自炊の食材買って、翌日も同じくマクド。電源切れたら家帰って食材尽きるまで数日自炊のローテーションを18ヶ月くらい続けて、さすがに心身のバランスが壊れかけたので実家に戻る。

実家に戻るも自室は無いため8ヶ月ほど居間、台所、そしてまた実家から一番近い作業できる場所だったマクドで作業という日々を延々過ごしてました。金めっちゃ溜まる一方で、使うこともなく更新するだけの日々。

趣味がバイクツーリングだったので、当初実家に戻ったらバイク乗って旅をしながら更新だ!なんて思ってましたが、移動時間で更新できないわ、休憩場所に電波が無いから更新できない!さらに移動だ!とまったく心が休まらない上に「大規模セールやんけ、帰らねば!」と引き返す羽目にも何度か陥ったので……。

結局、更新の合間に人生を送るには飯くらいしか楽しめないという結論に。そこで、とにかく狭い範囲にグルメが集中してる京都を選びました。後ろ向きなのか、前向きなのかわかりませんが、更新の合間に送る人生を充実させようと美味い飯を食べ歩いております。

京都は学生と観光の街なんで、手頃な飯から絶品グルメまで選択肢がとにかく豊富。素敵。飯食うか更新するか寝るだけの人生を過ごすには最高の立地です。飯と睡眠で満足できれば、人間そうそう倒れないですしね

最後に、飯の話ばかり書いたのでデブキャラになりそうですが、美味い飯を気兼ねなく食べるためにジムに通って体型は維持してますからね!更新し続けるために健康とバランスにとても気を使って飯食ってます。さて次回はフリーランスノマドに興味ある方向けに作業するに最高だったカフェをご紹介します。